【ネット集客実践ガイドブック/ダイレクト出版】が凄い!評価してみた!

ネットでの集客について、

「何をどこから手をつければいいのかわからない」、「情報が多すぎて結局どれが正解なの?」

と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

集客の方法を調べようとすると、あまりに多すぎる情報と日々移り変わるネットのトレンドに迷子状態になっちゃいますよね。

 

そんなふうに、ネット集客に困っている小さな会社の経営者さんに向けて書かれた指南書が

ネット集客実践ガイドブック』です。

 

ネット集客の全体像から具体的な手順まで、わかりやすく丁寧に解説してあり、しかもすぐに読めるようにコンパクトにまとめられています。

 

これを読むことで、自分がどう行動すればいいのかハッキリと見えてくるので、とても実用的です。

 

これからネット集客を考えている人に最適の教材です。

ネット集客実践ガイドブックの概要

いまや消費者が商品やサービスを購入するときに参考にする情報はネット上の情報がほとんどです。

 

「まずはネットで調べる」のが一般的な行動で、

その情報を元に購入するというのが常識になってきており、その傾向はますます強まるばかりです。

 

よって「ネット集客」は必須であり、低予算で実現できることから、とくに中小・零細企業、個人事業主にとってはなくてはならない戦略の1つと言えるでしょう。

 

とはいえ「ネット集客」を効果的に行う手段を知らないと、逆に時間もふくめて多大なコストがかかってしまうことになります。

 

この電子書籍は、

出版元であるダイレクト出版が創業から14年間ずっとネットで集客をしつづけて、試行錯誤の末にたどりついた1つの「型」について紹介しています。

 

その「型」を用いることで、社員1人1人が集客できるようになり現在までに累計集客数168万人を超すほどの大きな実績を残しています。

 

ダイレクト出版の教材の特徴とも言えますが、このように机上の空論ではなく効果を検証し実証したノウハウを惜しげもなく提供したものがこちらの書籍の内容です。

 

具体的にはその「型」を3つのステップに分解して、1つ1つ丁寧に解説してあります。

 

まずはネット集客の全体像の解説によって基本的な理解を促します。

 

次に見込み客を集める段階から、見込み客を顧客へと変える段階、顧客に自社の商品のファンになってもらう段階へと説明は進んでいきます。

 

本書ではこの全体の流れを作り、効率的かつ効果的に実現することこそが、インターネットに限らずビジネス全般に共通する「目的」であると主張されます。

 

重要な3つのステップを実例や例え話を交えながら、シンプルな言葉で説明していくので初心者でも理解し、納得できるでしょう。

 

このようにネット集客の基本から具体的な手法までステップバイステップで順を追ってわかりやすく解説してあるので実践しやすい内容となっています。

 

実践にあたって場合によっては、集客のためのツールとその使い方といった、より具体的なスキルを補完していく必要は出てくるかと思われます。

 

ですが、少なくともこの本を読むことで、

何をやるべきで何をしなくていいのかという「取捨選択」

まずは何をすべきで、その次には何をしたらいいのかという「優先順位」

この2点が明確になることは、とても大きなメリットであるとお伝えすることができます。

ダイレクト出版について

他では手に入らない知識、現場で使える実用的な知識、世界の優れた知識を日本に紹介することで、顧客の人生を変えるようなサービスを提供しています。

 

現代の知識経済の社会において、もっとも重要な「知識」商品の販売をしている会社です。

 

商品の形態としては、オンライン講座、セミナー・ビジネススクール、出版事業などがあります。

 

オンライン講座では、まだ一般的ではないこれからのニーズをとらえた知識も数多く扱っており、独自の教材を作っているので他では学べないものに出会えます。

 

出版に関しては、書店では買えない実践的なビジネス洋書を翻訳出版しています。

 

ネットで広告をし直販することによって、実務に役立つ本格的な本を販売しているので、

ここでしか読めない」良書が多数そろっています。

 

また業界では異例の、すべての本に返金保証がついているというのが大きな特徴です。

 

ダイレクト出版は、インターネット広告やWebマーケティングに特に強い会社で、とくにインターネット広告の分野では日本最大規模の広告を出稿してノウハウを積み上げています。

 

実績に裏付けられたマーケティングの手法は極めて高い評価を得ています。

⇒ネット集客実践ガイドブックを読んでみる

ネット集客実践ガイドブックから学べること

ネット集客の全体像とその仕組みがわかる

ネット集客の概要とそのプロセスについて、シンプルな言葉で解説しているのでわかりやすい。

体系的に順序よく説明がなされていくので、予備知識のない初心者の方でもカンタンに理解できるはずです。

また全体を大きく眺めることができるので、現在集客がうまくいっていない方はその原因に気づき、改善点が見つかるかもしれません。あわせて今やるべきことも明確になるでしょう。

この本だけで基本的な型が十分に理解でき、あとは業態・業種にあわせて足りないところを補完すればすぐに実践で応用できます。

一読すれば流れがつかめるので、集客を実践していきながらつまづいた時にはその都度目次を見直してやるべきことを確認するという使い方もできます。

中小企業のビジネスにおいて最強のビジネスモデルが学べる

中小企業や個人事業主が成果を出すために最も効果的なのが関係構築ビジネスをすることです。

それは顧客とただの「売り」「買い」の関係ではなく、

一緒に問題を解決していく信頼できるパートナーになるということなのですが、どうしたら顧客とそんな良い関係を築くことができるのか?

その課題についての答えを、この本は1つの「型」によって示しています。

そしてその「型」を3つのプロセスに集約して、手順にそってステップバイステップで教えてくれます。

この「型」はインターネットだけではなくビジネス全般に通用するものなので、これに当てはめて考えるだけで今までとは違った結果が期待できます。

世の中には集客に関してたくさんの講座や教材があり、これまでにすでにいくつも受講されている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、セールスレターの書き方やセミナー開催の方法など、マーケティングに必要なスキルを個々に学ぶのではなく、それよりも先にこういった全体の「型」=「設計図」をまず手に入れてからスキルを組み入れていくとより成果が出やすくなります。

インターネットを使えばこの最強のビジネスモデルをもっと効率よく効果的に運用することが可能になるわけです。

「取捨選択」ができるようになり、さらに「優先順位」もわかる

集客のためには何が重要で何が重要でないのかがわかり、間違った努力をしないで済むようになる。

 

たとえば、反響の多いランディングページを作ろうと、アピールするためのコピー(文章)にばかり力を入れていたりすることがありますが、

それよりも効果的で大事なことは見込み客に提供する情報そのものを適切なものし、充実した内容にすることであったりします。

 

これは世界的権威が主張していることであり、根拠も認められているわけですが

このように大事なポイントを知っているだけで、ムダな労力をかけることなく結果につなげることができます。

 

本書で紹介されているいくつものポイントを頭にインプットしておくと、何に力を注いで何を捨ててもよいのかという「取捨選択」する能力がつきます。

 

また集客で結果を出すためのアクションプランも具体例を交えながら順番に紹介してあるので、

それを参考にすれば「優先順位」がわかり次にとるべき行動が明確になります。

少なくとも、どうしたらいいんだろう?と悩む状態からは抜け出すことができるでしょう。

ビジネスの真髄が学べる

本書で述べられている「型」はインターネットに限った話ではなく、ビジネス全体にとって重要な概念です。

ビジネスに対する基本的な考え方がわかりますし、本質をとらえた内容となっています。

すなわちそれは、マーケティングの基本原則ともつながってくるものです。

このガイドブックの考え方は10年、20年と長期にわたって通用するものであり、普遍的なマーケティング情報とも言えるでしょう。

『ネット集客実践ガイドブック』はこんな人におすすめしたい

これからネット集客を始めたい方に

ネット集客の全体が把握でき、基本的なところやおさえておくべきポイントが充分に書いてあります。

シンプルな言葉で具体例を示しながら説明しているので、初心者の方やネット音痴の方でも安心です。

顧客の情報をうまく活用できていないと感じる方に

自分の商品やサービスに興味をもってくれる見込み客はいるものの、そこから実際に商品の購入までに至らないと悩んでいる方がおられると思います。

そういった場合でも、本書では見込み客に対してどういった考え方や捉え方をして、どのようにアプローチをかけていくかという部分にも触れられているので解決の糸口がつかめると思います。

「買ってもらえない理由」と、その対処法がしっかりと述べられています。

これまで散々集客を学んできた方に

集客やマーケティングの基本的な考え方や大事な部分がわかりやすく網羅されているので、過去に学んだことの再確認にもなります。

学んできたにも関わらず結果がともなっていないようであれば、大事なプロセスが抜けていたり、間違った認識をしているかもしれませんね。

医療系の経営者にも

昨今のコロナ禍でいままであまり景気に左右されることのなかった業種でも売上が落ちています。

いままで安泰だった業種でも、今後を見据えて集客をネットへシフトしていくということは当然視野に入れるべき課題となってきています。

本書の考え方やノウハウはビジネス全般に通用するものなので、あらゆる業種にとって有益な内容です。

小さな会社の社長さんに

低予算であっても、少ない人員でも実現できることから、今やネット集客は中小・零細企業、個人事業主にとっては必須の戦略の1つです。

インターネットをうまく活用すれば、少数の営業マンでも売ることができますし、あるいはセールスさえしなくても売ることだって可能になります。

ビジネスの規模を何倍にも拡大することも期待できますし、全国規模で勝負することだってできます。

インターネットに働いてもらうことで24時間365日稼働できるので労働時間さえ関係ありません。

「ネット集客」は小さな会社にとってはこの上ない手段なのです。

あとはこの手段を使いこなせるかどうかにかかっているのですが、そのための秘訣は本書にたっぷりと記してあります。

ネットだけでなくビジネス全体に通用するこの「設計図」を用いることで、顧客を自社のファンへと育てていくことができるでしょう。

『ネット集客実践ガイドブック』まとめ

『小さな会社のためのネット集客実践ガイドブック』の紹介をしてきました。

 

このビジネス全般に通じる普遍的ともいえる「型」を手に入れて、明日からご自分のお仕事に活用してみてください。

 

本書には極めて重要な情報が書かれていますが、読みやすくするためにカンタンな言葉でわずか50ページほどの分量にまとめてあります。

どなたでも気軽に読めると思いますので、ぜひ手にとってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です