LP改善最新事例ベスト3〜最小の変化で評価を最大にする方法〜とは

ネットで集客している社長や広告運用を担当しているビジネスマンの中には、次のようなことで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

「広告費がかかる割りにLP経由の成約率が低い」

「LPの離脱率が高い」

「LPを改善したいけど何から手をつけたらいいのかわからない」

YouTubeやSNS、ブログなどさまざまなメディアで目にするインターネット広告。それらの広告から最初に訪れる商品紹介のウェブページをLPと言いますが、思うように運用できていない人は少なくありません。

【LP改善最新事例ベスト3】

ダイレクト出版から出版されたこの本は、グーグルを始めとする多くの⼤⼿インターネット関連企業のコンサルティングを⾏う、オンラインマーケターのリッチ・シェフレン氏の著書です。

著者は、世界中で活躍しているオンラインマーケターなどさまざまな人脈があり、そこで得た実際のLP改善事例を紹介してくれます。

 

この記事では、本書の概要を各章ごとにカンタンにまとめましたので、自社のLPを改善して利益を向上させたい人は、ぜひ参考にしてください。

→LP改善最新事例ベスト3公式サイトに移動する

ダイレクト出版について

 

大阪に本社を置くダイレクト出版は、主にネットで書籍を販売している企業です。主に海外のビジネス書の中から、起業家や個人事業主向けなどの書籍を翻訳・出版しています。日本では発売されないものが多く取り扱われており、愛用している方も多いのではないでしょうか。

 

また、書籍以外にもダイレクトマーケティングやマネジメント、投資、政治経済などをテーマとし、情報発信やオンライン講座、セミナーの開催を行っています。さまざまな「知識」を一貫して取り扱っており、それを商品化して消費者へ届けているのが、ダイレクト出版です。

LP改善最新事例ベスト3〜最小の変化で評価を最大にする方法〜から学べること

 

それではさっそく、本書の概要を紹介します。この本は3章で構成されているので、各章ごとのポイントをカンタンにまとめて、それぞれの章から学べることを説明していきます。

 

LPが重要な理由

 

ネット集客において、LPは最も重要といっても過言ではありません。「そもそもLPとは何か?」など、基本的なことから重要な理由について解説していきます。

そもそもLPとは?

 

LPとは「Landing Page」の略で、日本語に直訳すると「着地するページ」という意味になります。YouTubeやSNS、ブログなどに掲載されているインターネット広告は誰でも一度は見たことがありますよね。LPとは、それらの広告をクリックして最初に訪れる(着地する)ページのことを言います。

 

「最初に訪れるページ?ホームページと何が違うの?」という方もいるかと思いますが、これらは全くの別物です。ホームページは言わば企業の名刺であり、事業内容や会社情報の紹介、信頼を得るために不特定多数に向けたページです。

 

反対にLPは、そのページに訪れてもらうことが目的ではなく、行動を促すことを目的としたページになります。1つの商品に対してターゲットを明確にし、購入など何かしらの行動を促すのです。

ネット集客にはLPが欠かせない

 

ネット集客においてLPはなくてはならない存在です。多くの企業では、新規顧客の開拓をするにあたって営業マンを雇いますよね。これに変わるのがLP。どんなに優秀な営業マンでも人間である以上、その活動には限界がありますが、LPは24時間365日営業を続けてくれるのです。

 

さらに、1つのLPがあれば日本全国どこでも、何万件もの情報を届けることができるので、LPはまさに「最強の営業部隊」といえるでしょう。LPを改善することで成約率が約2倍になったケースもあるなど、あなたの会社の利益に大きく貢献するものがLPです。

LPがダメなら全てが無駄

 

LPに問題がある場合、更なる広告費をかけてアクセスを増やしたところで、新規顧客につながる可能性は低いでしょう。新規顧客とは「アクセス数」と「成約率」を掛け合わせたもの。つまり掛け算なので、成約率が低ければ新規顧客数も当然下がってしまいます。

 

ところが、アクセス数ばかりに力を注ぎ、LPの質は重視せずにネット集客をしている企業も少なくありません。例え1万アクセスがあったとしても成約率が0.1%なら10件。しかし、2%なら200件です。

 

このように、どんなに商品に自信があったとしても、アクセスを稼いだとしても、LPの質が低ければそれまでの努力は徒労に終わってしまいます。まずはLPを改善してビジネスの入り口を広くし、事業の規模を拡大していきましょう。

LP改善の準備【自社へのアクセスの価値を知る】

 

ここまでLPの重要性について説明しました。LPの持つ力を知り、今すぐにでも見直したいと思う人もいるでしょう。しかし、LPを改善する前にはやらなければいけない準備があります。ここを疎かにすると、余計な費用がかかったり、小手先だけの改善をしたりなど、更なる悪化を招く原因になりかねません。LP改善の準備について、詳しく確認していきましょう。

自社へのアクセスの価値とは?

 

自社へのアクスの価値とは、カンタンにいうと「1つの広告にいくら払えるのか?」ということです。1アクセスに100円までしか払うことができないのに、実際は200円払っていたとしたらマイナスですよね。

 

1アクセス、つまり1人の顧客からどれだけ利益を得ることができるのか、という視点で考えると、アクセスの価値を算出することができます。自社へのアクセスにどれだけの価値があるのかを知ることで、広告料の経費削減など、無駄な支出や労力を少なくできるでしょう。

アクセスの価値を評価する

 

アクセスの評価には2つの軸があります。

 

①キャッシュフローベース評価軸

②利益ベースの評価軸

 

キャッシュフローとはカンタンにいうと現金のことで、商品を購入した瞬間にその価値が決まります。例えば1,000円の広告費で3,000円の商品が購入された場合、2,000円のキャッシュフローを獲得したことになります。

 

次に利益とは、会計年度終了日時点の「売上ー費用」の金額になります。例えば1ヶ月500円のメルマガ定期購読があって、初月無料のサービスがあったとします。この場合、広告費が1,000円だとすると、最初の1ヶ月の収支はマイナスになってしまいますが、1年を通して見ればプラスになりますよね。

 

前者は瞬時にキャッシュフローを手にできますが、購入した時点でアクセスの価値が決まるということは、利益ベースとは異なり継続性に乏しいということです。そのため、多額の費用をかけて新規顧客を獲得することは難しいでしょう。

 

また後者は、将来的にはプラスになりますが、最初の頃はマイナスなので、この方法に振り切ってしまうと手元の資金が不足してしまいます。どちらにもメリット・デメリットがあるので、バランスが大切ですね。

 

アクセスの価値の評価を計算する

 

アクセスの価値を計算すると聞くと、なんだか難しそうなイメージがありますが、意外にカンタンです。シンプルな例で考えると、LP経由の利益が10,000円、LPの訪問者が100人だとしたら、「10,000÷100」で1クリックあたり100円がアクセスの価値になり、ここが損益の分かれ道になります。

 

もしLPを改善して成約率を2倍にして20,000円の利益が出れば、アクセス価値200円のところを100円で達しています。そうすると、その差額(利益)を使って販路を広げたり、商品開発に回したりなど、事業を拡大できるようになるのです。

→LP改善最新事例ベスト3公式サイトに移動する

LP改善事例BEST3

 

LPが重要な理由、LP改善の準備を解説してきました。それでは最後に、オンラインマーケティングの第一人者である著者が紹介する、実際のLP改善事例についてご説明します。

①ヘッダーに電話番号を追加する

 

これはECサイトで実際にあった例です。ECサイトとは一言でいうと「通販サイト」のこと。サイトのヘッダー(ページ上部)の情報を電話番号のみにしたところ、成約率が10%も改善されました。

 

これは、電話番号を記載することで安心感が高まり、読み手の信頼獲得につながったためだと考えられます。確かに、電話するかどうかは別にして、電話番号があったほうが誠実そうな印象もありますし、何かあったときのサポートにも期待ができそうですよね。

②「購入する」ボタンの文言を変える

 

何かの商品やサービスを購入する際、クリックボタンに「購入する」と書かれているのを、よく見かけるのではないでしょうか。この文言だけでは、「押した瞬間に決済が確定するの?」と不安に思う人もいるでしょう。また、「購入しようかまだ迷っているんだよな。」という人にとっても、ボタンを押すことをためらってしまう原因になります。

 

「カートに入れる」、「次へ進む」など、1つクッションをいれることで、心理的なハードルはグッと下がることでしょう。

 

③ついで買いを削除

 

「合わせてこちらも購入(申込み)しませんか?」という文言も、LPではよく見かけますよね。このついで買いを見込み顧客に提案すると、「何だこれ?調べてみよう。」と調べている間に、本来購入して欲しい商品を忘れてしまうことがあります。

 

また、選択肢は多ければ多いほどいいと思われがちですが、決定(選択)回避の法則というものがあります。人はたくさんの選択肢があると迷ってしまい、選択そのものを避けてしまう傾向があるのです。「本当に買って欲しい商品は何なのか?」、1LP1商品を大原則にして、ターゲットやメッセージを明確にしましょう。

 

まとめ【LP改善最新事例ベスト3〜最小の変化で評価を最大にする方法〜がオススメな人】

 

いかがでしたか?今回は本書の概要ということで、LPが重要な理由、LP改善の準備、LP改善事例の3つを解説しました。事例を見ても分かるとおり、小さな変化で大きな改善をもたらすことも少なくありません。

 

いきなり成約率を2倍に上げることは簡単ではないかもしれませんが、10%〜30%改善されるだけでも、あなたのビジネスには大きな変化がもたらされるでしょう。

 

ネットで集客している社長や広告運用を担当しているビジネスマンなど、LPの改善に興味があったり、LPの運用で悩んでいる方は、ぜひ本書を手に取ってみて、LPと向き合ってみてはいかがでしょうか。

 

【LP改善最新事例ベスト3】

>100円で読んでみる<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です